モンハン攻略戦記

モンハンの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

モンハン攻略戦記

【MHWI】チャージアックスガチ勢が「斧強化」を真面目に考察

属性廻填斧強化斬り

当記事は「モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)」で「チャージアックス」について追加される新要素「斧強化」についての考察記事になります。

 

筆者は「チャージアックス」をMH4で初登場し盾強化すら存在しなかった頃からメイン武器として扱っており、チャアクについてはそれなりに詳しいと自負しております。その筆者がアイスボーンで実装される「斧強化」についてガッツリ考察してみましたので、ぜひ読んで頂ければと思います。

 

※「斧強化」のみに絞った考察のため、その他「強化撃ち」などに関しては書いておりません。

 

■目次

こちらの記事もどうぞ

・チャージアックスの操作使い方や立ち回り

・ガードやガードポイントについて

↑当記事では上2つの記事に出てくる用語は使っていきますのでご了承ください。

・肉質軟化!新たに判明したクラッチクローの戦略的要素

・不遇な大剣の新アクション仕様詳細と所感

・改善案5:増えるスリップダメージと強すぎる転身

チャージアックスの斧強化について考察

それでは早速アイスボーンから実装される「斧強化」について考察していきたいと思います。

 

斧強化の概要

www.youtube.com

↑の映像と公式Twitterの情報などを元に、まずは概要を紹介していきます。

 

斧強化のやり方(属性廻填斧強化斬り)

ビンが一本以上ある状態で「斧:高出力属性解放斬り」の予備動作中、属性廻填斧強化斬りをすると斧強化状態となる。
一定時間、斧での攻撃が連続ヒットし、ビンの種類によって強化効果が加わる。

「属性廻填斧強化斬り」は一歩後ずさりながら手前から後ろに斧でなぎ払うモーションの攻撃です。隙がありつつ斧状態が解除されないためガード不可なので、使うタイミングは選んだほうが良さそうですね。

 

斧の刃部分が回転し続けて連続ヒットするため火力の底上げが可能な他、ビンの種類毎に強化効果が期待できます。MHXX経験者であれば見た目は「チェインソーサー」をイメージすればわかりやすいかも('ω')ノ

 

連続ヒット部分の火力や効果時間の詳細はまだ不明となっています。

 

ビン効果

【ビンの種類別強化効果】

強属性ビン…斧攻撃時の属性攻撃力がアップ、強化時間が長い
榴弾ビン…斧攻撃時の物理攻撃力がアップ、強化時間が短い

 

斧強化状態中は一定時間ごとにビンを消費し、ビンが無くなると斧強化状態が解除される。

 強属性ビンと榴弾ビンで効果が違うのでそこは理解しておく必要があるのと、ビンが無くなると斧強化が解除されるのにも注目です。

 

つまり「超出力を使う=斧強化強制解除」という仕様は、立ち回りで少しでも多く火力を確保しようとした時に非常に重要で複雑な部分になってくるかなと思います。

 

斧強化に関する考察

チャージアックス

概要が分かったところで考察に入っていきます。

 

純粋な火力アップとしての斧強化

斧強化をすることの最大のメリットは、何といっても斧状態の火力上昇です。

 

連続ヒットによる火力上昇がどの程度かはまだわからないものの、元々のモーション値が高い斧ですから、剣強化のようにそれなりのダメージが期待できると思います。

 

火力は榴弾の方が上がる

強属性ビンと榴弾ビンではその効果の違いから、純粋な攻撃力が上昇する榴弾ビンの方が「ビン爆発・斧本体の攻撃・連続ヒット部分」の全てに効果が乗るため、斧状態の火力上昇度合いは高いでしょう。

 

しかし、効果時間は短いとのことなので詳細な時間次第で評価は変わってくると思われます。

 

強属性はビン爆発のみの可能性が高め?

強属性ビンの斧強化は「属性攻撃力のみ上昇」となっています。

 

強属性チャージアックスの斧状態で属性ダメージが出るのは各種解放斬りのビン爆発のみとなっているため、火力アップのみに絞って考えると「斧強化」による恩恵は榴弾に比べて少なめになっています。刃の連続ヒット部分が属性ダメージの場合は、火力アップの恩恵は少し上昇しますが今のところ詳細は不明です。

 

その分、榴弾と比べ効果時間は長めとなっています。

 

盾強化と併せると更なる火力アップに

また、「斧強化」は当然「盾強化」とも併用できます

 

この場合「盾強化」を実施した時点で斧モード全ての攻撃力が上昇し、そのうえで「斧強化」の連続ヒットやビンタイプ毎の追加効果を得ることが可能です。

 

こうなるとチャージアックスの斧モードの火力がゴリゴリに上がることが予想されます( *´艸`)特に榴弾

 

超出力連打以上のリターンがあるかが最も重要(特に榴弾)

超出力属性解放斬り

「斧強化」を使った立ち回りが、特に榴弾ビンにおいて今まで最大火力の立ち回りだった「超出力連打」の火力を上回ることができるかが非常に重要です。

 

結局「剣モードでビンが溜まったらとりあえず超出力撃つ」という今までの立ち回りの方が、「イチイチ斧強化を挟んだりするより強い」というのであれば「斧強化」を使う意味は薄れ、実質産廃要素となるでしょう。

 

強属性ビンの場合はその仕様の違いから、「超出力のビン爆発範囲が今までより収束した」などの変更が入っていない限りは「斧強化」を使った立ち回りをするのが良いので、存分に新アクションを堪能できると思います。

・強属性チャージアックスの立ち回りのコツ

 

超出力が弱体化する可能性もある

とはいえ、新アクションが産廃になるなどという事は考えにくいため「斧強化」を使って立ち回った方が「超出力連打」より火力が上がる調整にはなると信じています。

 

MHWでお手軽強アクションとして猛威を振るった「超出力連打」自体が弱体化する可能性も無くは無いと思われます。

 

でも、多分超出力は弱体化せずに「超出力以外も織り交ぜた方が火力が出る」という方向に調整するんじゃないかなと勝手に予想しています('ω')ノ

 

最大ダメージが出る理想の立ち回り

チャージアックス

斧強化状態を駆使して最大火力を出す立ち回りについて書いていきたいと思います。

 

効果時間等の仮定

効果時間等は今の段階ではわからないので、効果の詳細を以下のように仮定します。

斧強化状態は1分間有効。効果時間中にビンが無くなればその瞬間効果終了。効果時間以内であれば「属性廻填斧強化斬り」を再使用することで時間延長が可能。

 

火力の仮定

各立ち回りによる火力の順位は以下を仮定します。

効果時間いっぱいまで解放2等で立ち回り、効果時間が切れる瞬間に超出力を決める 解放2・高出力主力で斧強化を延長し続ける 超出連打

最も管理が難しく臨機応変な対応が求められるような、ゲームとして楽しめる立ち回りが最大火力となるように仮定しています。希望的観測もあるものの開発の意図も同じはず('ω')ノ

 

最大ダメージになる理想の立ち回り

1,盾強化で斧の攻撃力上昇(1分以上持つように)

 

2,剣強化

 

3,剣でビンを貯める

 

4,(ビン減少速度次第だけどとりあえず3ビン以上ある状態で)「属性廻填斧強化斬り」実行で斧強化

 

5,斧モード主体で解放2や高出力を使って立ち回る

 

6,1分経つ前にビンが切れそうになったら剣モード(できれば強化状態)でビンを貯める

 

7,効果時間1分が切れる直前に超出力を弱点にヒットさせるor超出力を時間内にヒットさせられないようだったら再度「斧強化」を行い効果時間を延長して繰り返し

事前に書いた火力と効果時間の仮定を元に書くと、だいたいこんな感じの立ち回りが理想形になってきます。実際は連続ヒット部分の火力やらなにやらわからないことが多いので「(仮)」の域を出ませんが、「斧強化」まで追加しておいて「超出力連打」 の方が強かったら開発は只の馬鹿説濃厚になるので、だいたいこんな感じじゃないかなと思っています。

スポンサーリンク
 

一撃のロマンを求めるなら榴弾

チャージアックス

やっぱりチャージアックスという重量武器を使うなら破壊力を追求したくなりますよね

 

元々強力だった「超出力属性解放斬り」ですが、今回の「斧強化」と榴弾ビン追加効果の仕様上更なる破壊力を手に入れました。

 

既に上の方で書いていますが、まとめると

・盾強化で斧の攻撃力が上昇(既存)
・斧強化のビン効果で斧の攻撃力が更に上昇
・斧強化の刃部分で連続ヒットが発生し追加ダメージが発生

この条件を満たしたうえで、「超出力属性解放斬り」を弱点に決めた場合の破壊力には今からワクワクが止まりませんね。早くプレイしたいところです( *´艸`)

 

斧強化が意外に強属性でも有用な理由

今までの話しをまとめると更に破壊力が増した「榴弾ビン」が強そうに感じますが、「強属性ビン」の方こそ現在の立ち回りを崩さずに純粋強化されたと考えて良いでしょう。

 

「強属性ビン」は元々超出力を連打するような立ち回りではなく、解放2や高出力を使い分けながら要所要所で超出力を使っていくような立ち回りが基本でした。詳しくは以下の記事参照。

・強属性チャージアックスの立ち回りのコツ

 

そのため、強属性チャージアックスは「斧強化」の効果時間の長さを利用して、ビン残量が0にならないように気を付けながら剣モードによるビンチャージと斧モードの解放1,2・高出力を使ってモンスターの体力を奪っていく立ち回りがメインになる可能性が高く、これ自体は今までとそう大きく違わないので「やることは変わらず純粋に強化された」と考えてよいでしょう。

 

更に、チャアクに限らずアイスボーンのマスターランク(G級)では「武器の属性値上限が解放される」ため、属性武器の有用性はワールド時代よりも高いと考えてよいでしょう。「無撃強化」スキルが弱体化される可能性もありますしね('ω')ノ

 

チャージソードや超出ブッパゲーと揶揄された時代は終わるか?

チャージアックス

「ワールド以前のチャアク」はビン管理やモードの使い分けなど、どちらかというとテクニカルな部類の武器でしたが、今作の「榴弾ビンチャージアックス」はありとあらゆる要素がうまい具合に噛み合った結果、「剣モードでビンを貯めて超出力→剣モードでビンを貯めて超出力」という行動をひたすら繰り返すことが火力の面でも安定感の面でも最適解となっていました。

 

「超出力」を使う瞬間以外はずっと剣モードな挙句「超出力」も剣から派生出来たり、榴弾の仕様上弱点を狙う必要もない事から、ネット上では「チャージソード」や「超出ブッパ」等と揶揄されることも多くありました。

 

そんな状況を改善するためかはわかりませんが開発による「斧強化」の実装、さらには「超出力を使うと効果が切れる」というオマケ付きのため「斧モードで色々使い分けたりビン管理頑張ってくださいね」という開発のメッセージが聞こえてくるようです

 

ただ、重要なのは本文で何度も書いているように火力の調整なので、蓋を開けてみれば結局榴弾ビンの「超出力連打」が一番強いという結果になるかもしれません。

 

これ以上のことは続報や実際にプレイするまでわからないため、ワクワクしながら発売を待ちたいと思います( *´艸`)早く榴弾の強化全乗せロマン砲うたせてくれー!