モンハンワールド攻略戦記|MHWブログ

MHシリーズや他ゲームの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

【MHW】歴女×2!『ノラの深奥』の攻略と感想【アーロイγ・ホライゾン】

イビルジョー

11月7日にサプライズ配信された、Horizonコラボ第3弾の歴戦イビルジョー2頭同時狩猟クエスト『ノラの深奥』に関する、簡単な攻略と感想を書いていきます。

■目次

こちらの記事もどうぞ

・Horizonコラボ第3弾がサプライズ配信!歴戦イビルジョー2体同時クエ!

・『アーロイγシリーズ』の性能と必要素材など

・ソロの死闘!マルチの地獄!!歴戦イビルジョーと戦った様子や感想など!

簡単な攻略

アーロイ

『ノラの深奥』は歴戦イビルジョー×2という中々の難易度のクエストになります。歴戦王ではないので、そこまで力を入れたものではありませんが、簡単な攻略情報を載せておきます。参考になる人がいれば幸いです。

 

近接は耐震スキルを積んでおこう

これは今回のクエストに限ったことではありませんが、近接武器でイビルジョーと戦う場合は「耐震」スキルをセットしておくことをオススメします。だいぶ立ち回りやすくなりますよ!

 

閃光をセットしておこう

イビルジョー戦は、閃光での目くらましが有効な場面が多いです。

 

ドスジャグラスを咥えている時は、目の前で光らせれば落とします。また、踏みつけられて身動き取れない時もスリンガーだけは撃てるので、閃光弾を炸裂させて追撃から身を守りましょう。

 

転身の装衣を上手く使おう

2頭同時ということで、イビルジョー同士の削り合いが最大のダメージソースになります。縄張り争いのようにダメージが目に見えなくても、ちゃんとイビルジョー同士でダメージを出してくれていますので、積極的に活用しましょう。

 

2体同時に同じマップに居る場合は、転身の装衣を着て足元で戦っているだけで削り合ってくれますのでガンガン使っていきましょう。不動の装衣でもある程度代用可能ですが、自分の残りHPには気を付けてください。

 

また、転身の装衣の効果が切れていることに気が付かないと、場合によっては一瞬で乙りますので気を付けましょう(笑)。

 

乗りを上手く使おう

上記のイビル同士の削り合いには「乗り」も有効です。同じマップに2体居る状態で、時間をかけながらゆっくり乗りダウンを狙うと、その間もう一方のイビルがガンガン削ってくれます。乗っている間はスタミナ管理にだけ気を付ければ、ハンターがダメージを喰らうことはないので、比較的安全にダメージを稼ぐことが可能です。すぐにダウンさせるよりもゆっくり乗っている方が、もう一匹のイビルに沢山殴ってもらえるので、上手く活用しましょう。

 

大きいイビルの方が倒しにくいので、大きいイビルに乗って小さいほうに削ってもらう方がいいかもしれません。

 

状態異常も有効

イビルジョーは状態異常が一通り有効です。疲労状態であれば罠肉にもかかるので、有効活用してもいいかもしれません。とりわけ毒はタイムを縮めてくれるので、狙って行きましょう。

 

ソロでやる場合は、オトモに毒の状態異常武器などを持たせることでテンポよく攻略できます。

 

捕獲をしよう

最近歴戦王古龍ばっかり相手取っているので忘れがちな人も多いと思いますが、イビルは捕獲が出来ますので罠や麻酔玉などを忘れないようにしましょう。

 

クリアした感想

イビル

歴戦イビルが初登場した頃に比べて、ハンターの防御力なども上がっているため余裕だろうと思っていましたが、久々に戦うと結構な火力に驚かされます(;´Д`)歴戦王と変わらない

 

とはいえ、今まで散々戦ってきた相手ですので、そこまで苦戦もせずに初見ソロ無乙でクリアできました。勝手にイビル同士で削ってくれましたし(^ω^)wアーロイ重ね着も少しの間使わせてもらおうと思います。γ装備はまぁ、うん。

 

久々に古龍以外のモンスターと戦うと、罠が効いたりテトルーが助けてくれたりと、忘れかけていた今作の持ち味を思い出すことが出来ました(笑)。やっぱりストーリークリア後に、古龍ばっかり狩るようなコンテンツ仕様なのは勿体ないですね(;´Д`)アプデで少しは良くなりましたが

 

そしてやっぱりというか、久々に感じたのは「古代樹の森めんどくさい問題」です(´・ω・`)ツタで登る場所は楔虫付けてくれないかな…。「走って・登って・スタミナ減って・歩いて」が多すぎて大変めんどくさいわよ(´・ω・`)シームレスMAPになった今となっては、モンスターが逃げ回る仕様も、無くせとまでは思いませんが、もう少し何か改善するべきかなぁとは思います。ただの時間の引き延ばしでしか無いですからね(;´Д`)

 

しかし、最近の歴戦王と変わらない火力のモンスターが発売後の間もない時期に出てたと思うと、当時あれだけ盛り上がったのも納得できますね(笑)。最初の歴戦イビル実装は、極ベヒ並みにモンハンワールドが盛り上がりました。懐かしい(^ω^)w

 

★参考リンク

・ソロの死闘!マルチの地獄!!歴戦イビルジョーと戦った様子や感想など!

 

そろそろ世の中的にも大作ゲームラッシュが来るので、モンハンワールドもそろそろ次の方向性を公式から示して欲しいところですね(・∀・)