モンハン攻略戦記

モンハンの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

モンハン攻略戦記

【MHWI】みんなの予想は?歴戦王ネロミェールの仕様について考えてみた

ネロミェール

「モンスターハンターワールドアイスボーン」に関する記事です。

 

今回は4月中の配信が決定している「歴戦王ネロミェール」について、どのような仕様になるのか色々と可能性を考えてみました(/・ω・)/

 

■目次

こちらの記事もどうぞ

歴戦王ネロミェールの仕様について考えてみる

「歴戦王ネロミェール」の仕様について、可能性のあるものを挙げていきたいと思います。

 

以下に挙げた中から3つくらいは実装されそうな気がします、皆さんも予想しながら読んでみてください(/・ω・)/

 

肉質が固くなる+攻撃力体力増加

攻撃力と体力はもちろん確定で強くなるわけですが、肉質も固くなる可能性がありますよね。

 

傷つけても翼にダメージがほとんど入らないとかやられると、近接の安定性重視の立ち回りが使いにくくなって厄介そうです。

 

特にネロミェールの眼前は避けにくく強力な攻撃が多いので、頭くらいしかまともにダメージが通らないとかにならないといいですね(;'∀')

 

水纏い+帯電状態の頻度増加

ネロミェールには「水纏い・帯電・柔らか状態」の3つがありますが、この中で最も攻撃が激しい「水纏い+帯電状態」の頻度が上がる可能性が高そうです。

 

ずっと「水纏い+帯電状態」ということは無いと思いますが、この状態に移行するまでが早かったりなかなか解除できないかもしれません。

 

ただ、水纏い状態が多くなるのであれば火属性武器で火力を稼ぎやすくなるので、一長一短になるでしょう(ネロミェールは水纏い中のみ火属性が一気に通りやすくなる)

 

「水纏い+帯電状態」が多くなった場合は属性やられになる頻度も増えると思うので、対策をしたほうがいいかもしれませんね(;'∀')

 

水溜りがすごい勢いで増える

ネロミェール

一番可能性が高い強化項目はこれじゃないかと思っています(/・ω・)/

 

常にそこら中が水浸しになるようならネロミェールの攻撃範囲が全体的に広がり、水に流される形で行動も制限されますので、非常に厄介だと思います。

 

ヒカリゴケが本格的に必要になるかもしれませんね(ヒカリゴケは水を吸ってくれるため)。

 

水溜りにスリップダメージ追加

水溜りにスリップダメージが入る可能性も考えてみましたが、これはそうそう無いかなと思っています( ´∀` )

 

ワールドの頃は強敵や追加モンスターといえば「とりあえずスリップダメージ」という調整が目立っていましたので、その名残で一応書いておきました。

 

ワールドでスリップダメージばかりだった理由は過去の「転身の装衣」が強すぎたせいなので、今回の歴戦王ネロミェールには採用されない気もします。スリップダメージばかりの調整はだいぶ叩かれましたからね。

 

ワールドのスリップダメージや転身の装衣について気になる人は↓の記事を読んでみてください。懐かしい記事ですが書いてある通りやっぱり弱体化されましたね(笑)

・増えるスリップダメージと強すぎる転身【改善案5】

 

雷系の攻撃は水溜まり全範囲まで広がる

初見でストーリーのネロミェールと戦った時に皆さんも「電撃は水溜りの部分全部が範囲になるわけじゃないのかよ」とツッコんだかもしれませんが、歴戦王でそれが実装される可能性もありますよね。

 

その場合は前述のように水溜りができすぎるとムリゲーなので、水溜りの量は据え置きになるかもしれません。

 

ブレスに関する変化色々

www.youtube.com

ネロミェールのブレスといえば「うねる様なブレス・真下に水を吐いて津波を起こすもの・薙ぎ払うようなブレス」がありますが、これらについて仕様が変わる可能性も高いと思います。

 

各ブレスが多段ヒット技になってガードや回避が難しくなったり、津波を起こすブレスが360度になったりするかもしれません。

 

新技を使ってくれれば一番嬉しいところですが、ブレスに関してもまず間違いなく何かしらの変更が入ると思いますので、楽しみですね( *´艸`)

 

弾を防ぐバリア

ガンナーに一方的にやられるのを防ぐためか、ワールドの頃から一部の歴戦王にはガンナーの攻撃を弾くバリアが特定の部位以外搭載されています。

 

ネロミェールについても貫通弾を使ったボウガンなどにいいようにやられているので、歴戦王になって何かしらのバリアが搭載されていても不思議ではありません

 

バリアが搭載された場合は、頭以外は弾丸がはじかれたりするので注意したいですね。

 

終わりに

ネロミェール

思いついた仕様変更の可能性はこのあたりでしたが、いかがだったでしょうか?

 

おそらくこれらの中から仕様変更が入ると思いますので、それぞれへの対策を自分が使う武器種なりに考えておくと少しは楽になるかもしれません(/・ω・)/

 

あとは仕様変更ではなく完全な新モーションも大なり小なりあるとは思いますので、楽しみに待ちたいと思います!

 

それでは~(*´▽`*)