モンハン攻略戦記

MHシリーズや他ゲームの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

モンハン攻略戦記

【MHW】歴戦王キリンの攻略ポイント紹介【まだ見ぬ白き鬣も】

歴戦王キリン

イベントクエスト『まだ見ぬ白き鬣(たてがみ)も』に登場する「歴戦王キリン」。本作屈指の高火力、隙のない攻撃、弱点以外は非常に固い肉質などが合わさり、数多くのハンターを苦しめる難敵です。

 

今回はそんな「歴戦王キリン」の攻略情報をお届けします。

 

■目次

歴戦王キリンの基本情報

歴戦王といっても独自のモーションなどはなく、単純に歴戦個体よりも体力や攻撃力の上がった個体です。行動パターンや肉質も通常のキリンとほとんど変わりません。

 

弱点について

・弱点部位 = 角
・弱点属性 = 火

 

弱点部位は歴戦と同じく角のまま。胴体の肉質も従来通り固く、歴戦王に伴う強化もあってほとんどダメージが通りません。

 

怒り状態の胴体は一部の弾かれ無効攻撃を除き、切れ味が青以下の近接武器攻撃は全て弾かれるので要注意。
射撃攻撃も極一部を除いて、怒り状態の胴体へはダメージを与えられません。
丁寧に弱点の角を狙っていきましょう。

 

弱点属性は火。次いで水と氷がそこそこ有効、と言ったところです。
逆に雷は無効、龍もほとんど通りません。

 

主な攻撃パターン

キリン装備

こちらも通常個体と変わりませんので不慣れな方は通常個体で再確認してみましょう。

 

全てに共通することとして、落雷攻撃の前には攻撃地点の地面が青白く光ります。常に地面に注意し、光った地点からは急いで離れましょう。

 

周辺落雷(狭)

軽く頭をあげた後キリンのすぐ近く、または頭の前に狭い範囲で3本の落雷が発生します。

 

周辺落雷(広)

大きく足を上げた後、キリンの周囲に5本の落雷が発生します。怒り状態ではその内側にさらに4本、計9本の落雷が発生。

 

通常状態であれば内側がガラ空きなので近接武器にとっては攻撃チャンス。怒り状態でも前足のすぐ後ろあたりに密着していれば当たりません。

 

ピンポイント落雷(小)

大きく足を上げた後、プレイヤーのいる位置に落雷が1本発生します。マルチプレイの場合はプレイヤーの数だけ落雷が発生するので味方の位置にも注意。

 

ピンポイント落雷(大)

大きく足を上げた後、プレイヤーのいる位置に大きな落雷が1本発生します。回避行動一回分程度の半径があり威力も高いので要注意。

 

ライン雷撃

キリンと水平または平行に、帯状の雷が地面を走ります。怒り状態では雷の帯が3本に増えるため、地面をよく見て安全地帯に移動しましょう。

 

予備動作はとても長いですが威力が非常に高いので要注意です。

 

ガードする場合はガード強化が必要になります。

 

怒り移行落雷

キリン本体に大きな雷が落ちます。密着していなければ当たらないものの、最も威力の高い攻撃なので要注意。


リーチの短い武器は特に気をつけましょう。

 

突進

一直線に走り抜ける。怒り状態では走った後を追うようにジグザグに落雷が発生する。

 

ジグザグ突進(通称ケルビステップ)

左右へ飛び跳ねるように突進する。こちらも怒り状態では落雷の追撃がジグザグに発生する。

 

頭突き

目の前を角で突き上げる。

 

威力は低いが発生が非常に早いので見てから避けるのは困難。正面に立たないようにするか、当たっても仕方がないと割り切ろう。

 

蹴り上げ

前足を大きく上げた後、後ろ足で後方を蹴り上げる。威力も高く、当たると打ち上げられてしまうため要注意。

 

 

 

ここまでを見ると通常個体と何ら変わらないものの、攻撃力の伸びが凄まじく、対策なしでは一撃で死亡する事態が頻発してしまいます。また、体力を増やして一撃死を回避しても、雷による攻撃などで気絶や麻痺になったところに追撃されると死亡が確定したりします。


よって生存スキルによる対策は必須です。

 

攻略ポイント

キリン

先にも挙げた通り、歴戦王キリンは攻撃力が非常に高いため生存スキルによる対策は必須となります。


特にマルチパーティーにおいては他プレイヤーを狙った攻撃に巻き込まれる事故も考えられるため、絶対に対策を怠らないようにしましょう。


逆に体力はそれほど大きく増えていないので、攻撃スキルよりも生存スキルを優先したほうが結果的に安定したクリアに繋がります。

 

オススメ特殊装具

歴戦王キリン用のオススメ特殊装具を紹介していきます。

 

耐雷の装衣:必須

雷属性のダメージを70%軽減し、雷属性やられと麻痺を無効化する特殊装具。主なダメージ源である落雷攻撃を大幅に軽減できるので、歴戦王キリン戦では必須の装備です。

 

転身の装衣:必須

被弾リアクションが「吹っ飛び」以上の攻撃を自動で回避する特殊装具。落雷攻撃の全てと、物理攻撃で特に威力の高い蹴り上げを自動で回避してくれるためこちらも必須。頭突きや突進には反応しないため、残り体力には注意しましょう。

 

不動の装衣

転身の装衣をまだ持っていない場合はこちら。被弾リアクションと咆哮、風圧、震動による拘束モーションを無効化し、全ての被ダメージを30%軽減する特殊装具。

しかし歴戦王キリンの攻撃は30%軽減されても非常に痛いため、この装衣を着用しても絶対に無理矢理攻め込んではいけません。自力ですべて回避することを大前提に行動し、この装衣の効果は万が一のミスに備えた保険と考えましょう。

 

オススメスキル

対歴戦王キリンでオススメなスキルを紹介していきます。

 

体力増強:必須

体力の上限を増やすスキル。
レベル3(体力+50)まで必ず積みましょう

 

雷耐性:必須

雷属性のダメージを軽減するスキル。雷耐性20以上で雷属性やられを無効化する。被ダメージを軽減してくれる上、気絶しやすくなる雷属性やられを避けられるのでこちらも必須。


防具とあわせて最低でも雷耐性20以上は確保したうえで、可能なかぎり高めるようにしましょう。

 

気絶耐性

気絶時間を短縮するスキル。レベル3で気絶しなくなる。気絶して追撃をもらうとほぼ死亡が確定してしまうので、被弾が多い場合は事故防止に採用しましょう。

 

麻痺耐性

麻痺時間を短縮するスキル。レベル3で麻痺しなくなる。雷による攻撃で麻痺してしまった場合、追撃での死亡がほぼ確定します。事故防止としてこちらも採用の価値あり。

 

整備

特殊装具の再使用までの時間を短縮するスキル。レベル3で20%短縮。直接的な対策スキルではありませんが、歴戦王キリンには特殊装具での対策が非常に有効なので採用する価値は充分にあります。

 

例として整備レベル3の状態で耐雷の装衣と転身の装衣を使用した場合、
耐雷の装衣:効果時間180秒 再使用168秒
転身の装衣:効果時間90秒  再使用240秒


となり、約1分ほどの間隔で順次再使用が可能になります。

 

心眼

攻撃が弾かれなくなるスキル。近接武器、特にリーチが短く胴体に攻撃が当たってしまいやすい片手剣や双剣では非常に有効です。

 

ガード強化

通常ではガードできない攻撃をガード可能になるスキル。ガード武器でのライン雷撃対策になります。


ガードから反撃可能なランス、チャージアックス。機動力に不安のあるガンランス、ヘビィボウガンにおすすめです。

 

立ち回りについて

イビルジョー

武器種に関わらず、歴戦王キリンとの戦闘では弱点の角だけをひたすら狙うことになります。胴体はほとんどダメージを与えられない上に近接武器では弾かれて隙を晒すことも繋がるため、丁寧に角を狙っていきましょう。

 

近接武器の場合

近接武器のリーチでは全ての攻撃に被弾する可能性があるため、絶対に欲張ってはいけません。「手数が少なすぎるかな?」と思うくらい早めに手を止めて、しっかり次の攻撃に備えることが大切です。

 

攻撃速度が遅い武器や攻撃モーションの長い武器は一撃離脱を心掛けるくらいが丁度いいです。

 

主な攻撃チャンスは雷攻撃の直後です。キリンは雷攻撃の直後に必ず一瞬停止するので、しっかり避けてから素早く一撃を加えていきましょう。

 

遠距離武器の場合

遠距離武器で脅威となる攻撃は主にピンポイント落雷とライン雷撃だけなので、比較的安全に立ち回ることができます。それらの攻撃を回避する以外は常に攻撃し続けることも可能なのが遠距離武器の強みです。

 

しかしエイム視点を多用する関係上、地面の落雷予兆に気付きづらい点には要注意です。ガンナーは防御力が低いので一度の被弾がまさに命取りです。常に動き回りながら、キリンの予備動作に充分な注意を払いましょう。

 

睡眠爆破戦法について

対キリンに有効とされている睡眠爆破戦法についての解説です。

 

睡眠爆破とは

「睡眠状態のモンスターに与えた最初のダメージが2倍になる」という仕様を利用して、

モンスターを眠らせる→大タル爆弾Gを設置して起爆を繰り返す戦法

です。

 

これにより、わざわざ弱点を狙わなくても安定してダメージを稼ぐことができます。

 

睡眠爆破の準備:武器選択編

睡眠爆破は特殊な戦法のため、専用の準備が必要となります。

 

ライトボウガン・ヘビィボウガン・弓

睡眠弾や睡眠ビンで確実に睡眠値を蓄積できるため最も相性がいい

 

特にライトボウガンは起爆榴弾で追加ダメージを狙えるため、こだわりが無ければライトボウガンを使おう。

 

怒り状態では胴体への睡眠弾・睡眠ビンが無効化されるので丁寧に角を狙いましょう

 

片手剣

手数が多く属性値も高いため、近接武器の中では比較的オススメ。怒り状態では切れ味白以下の武器は弾かれるので心眼スキルが必須となる。

 

スラッシュアックス

剣モードに弾かれ無効効果があるのでキリン戦では候補に入る。しかし睡眠属性武器はどれも属性解放が必須となるため、スキルが圧迫されがち。

 

睡眠爆破の準備:スキル編

事前に準備しておくべきスキルについて紹介します。

 

ボマー:必須

爆弾系アイテムのダメージを上げるスキル。レベル3で1.3倍。
大タル爆弾Gがダメージ源のため必ず採用しましょう。

 

睡眠属性強化

睡眠攻撃の蓄積値を上げるスキル。レベル3で1.3倍+10。睡眠までの手間を減らせるので、蓄積が不安定な近接武器には特にオススメ。

 

特殊射撃強化

ボウガンの特殊弾と弓の竜の一矢の威力が上がるスキル。レベル3で1.2倍。
ライトボウガンを使う際のおすすめスキル。起爆榴弾による追加ダメージを底上げできる。

 

睡眠爆破の準備:特殊装具編

事前に準備しておきたい特殊装具について紹介します。

 

化合の装衣:近接武器は必須

近接武器での状態異常攻撃の蓄積発生率を上げる特殊装具。睡眠させやすくなる効果があり、近接武器で挑む場合は必須となります。

 

具体的には、近接武器では本来1/3の確率でしか状態異常の蓄積が発生しないという仕様になっていますが、この装衣はその発生確率を上げることができます。
効果時間は60秒、再使用までの時間は210秒。

 

実戦

キリンを攻撃して眠らせる

大タル爆弾G(ライトボウガンの場合は起爆榴弾も)を設置して爆発させる
※以下繰返し

 

派生戦法

大タル爆弾Gを設置して起爆

すぐにモドリ玉でキャンプへ戻る

キリンが寝るのを待ってまた巣へ向かい、大タル爆弾Gを設置して起爆
※以下繰り返し

この戦法をとることで疑似的な睡眠爆破戦法が可能です。

 

野良マルチでの睡眠爆破について

野良マルチで睡眠爆破を行う場合は意思疎通が難しい場合が多いです(特に救難)。味方が睡眠爆破を狙っていそうな場合、うまく合わせられるように普段から大タル爆弾Gは調合分まで持って行った方が良いでしょう。

 

自分が主動で睡眠爆破を狙う場合は、野良マルチでは様々な人がいるため、上手くいかなくてもしょうがないとある程度割り切って狙うようにしましょう。

 

注意点

 「大タル爆弾Gを起爆するための攻撃」がキリンに当たってしまうと「その攻撃のダメージが2倍になってしまう」ので、大タル爆弾Gに比べて与ダメージが大幅に低下してしまいます。

 

大タル爆弾Gを置く際はキリンから少し離し、起爆用の攻撃がキリンに当たらないよう丁寧に起爆しましょう。

 

また、睡眠は繰り返すほどに耐性が上がって眠りづらくなるため、この戦法だけで倒しきることは事実上不可能です。瀕死にする前に眠りづらくなってしまったと感じた場合は、素直に通常の戦法に切り替えてください。


寝床にさえ追い込めれば派生戦法が使えるので、少しだけ頑張ってみましょう。

 

まとめ

モンスターハンターワールド

歴戦王キリンの難しさは兎にも角にも、高い攻撃力です。

 

対策スキルや特殊装具をしっかり整えて、何よりも攻撃を避けることを最優先に、隙を見ながら一撃ずつ慎重に積み重ねていきましょう。

 

攻撃力以外は通常個体と大差がないと言ってもいいくらいに攻撃力の上昇だけが脅威なので、きちんと準備をして丁寧に戦えばそれほど怖い相手ではありません。


この記事を参考にしながら、ぜひ挑戦してみてください。