モンハン攻略戦記

モンハンの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

モンハン攻略戦記

【MHWI】知っておきたい!歴戦王ネロミェールを楽に狩る方法や変更のあった仕様を紹介

歴戦王ネロミェール

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の攻略記事になります。

 

今回は「歴戦王ネロミェール」について知っておきたい仕様情報や、比較的楽に狩れる攻略方法等をいくつか紹介していきたいと思います(/・ω・)/

 

■目次

こちらの記事もどうぞ

歴戦王ネロミェールと戦えるクエスト

歴戦王ネロミェール

歴戦王ネロミェールとは、イベントクエスト「溟鳴り遥か遠く」で戦うことが可能です。

  • 受注条件 :MR100以上
  • フィールド:陸珊瑚の台地

 

配信期間は世界情勢の影響もあり未定となっています。


クエストをクリアすることで防具「EXテンタクルγ」シリーズや、一部の重ね着、護石が作成可能です。

 

歴戦王ネロミェールの仕様について

まずは歴戦王ネロミェールの仕様から紹介していきます。初見挑戦後に以下の記事で書いた内容と重複する箇所もありますのでご了承ください。

 

いつも細かいことまで書きすぎるので、できる限り簡潔に書いていきたいと思います!

 

水纏い時、翼の外側の弾ダメージは0

水纏い時の歴戦王ネロミェールは、翼の外側の弾肉質が0になっています。翼の外側から属性弾などを撃ち込んでもダメージは0です。

 

通常のネロミェールが貫通ヘビィや属性ライトのおもちゃのようにボコボコにされていたので、しっかり対策された形ですね!

 

翼の内側からの弾攻撃や、徹甲榴弾、各近接武器はしっかりダメージが通ります。

 

怒りやすい

1回のぶっ飛ばしで怒るようになっているので、怒り移行までのスパンが短めです。

 

ノックバック(威力値)が大きくなっている

モンスターハンターワールドアイスボーン

盾受けが主体の武器種に気を付けてもらいたいのは、ノックバックが軒並み大きくなっていることです。

 

単発でのノックバックが大きいうえに後述する多段ヒットもあるので、盾受けが重要な武器種はガード性能はガッツリ積みましょう!

 

様々な技に多段ヒットが仕込まれていて転身などを削られる

蛇行するブレスをはじめ数多くの技が多段ヒットするようになっており、不動の装衣・空中やクラッチでの転身の装衣・太刀の見切りの後隙など、吹っ飛び無効状態で噛み合うと一瞬で削られるので注意しましょう。状況によっては即死します。

 

また盾受けにも影響があり、今まで一度ガードすれば当たり判定が消えていたネロミェールの攻撃がその後も連続でヒットし続けるため、ガードを解けば被弾し、解かなければガード削りが連発します。そのため、先ほどのノックバック増大と相まってガード性能をガン積みしていないと簡単に乙ってしまうので注意しましょう。

 

必殺技は使用頻度が増えてエリア移動しない場合も

放電する必殺技は使用頻度が上がっていて、エリア移動時以外にも使用してくるようになりました。

 

給水頻度が上がっていて、波も発生する

歴戦王ネロミェール

歴戦王ネロミェールは給水頻度が多く、怒り時も給水します。

 

また、給水時は水溜まり部分に波が発生するため上にいると足を取られるので注意しましょう。

 

前述した必殺技使用後は乾く特性から、水纏いと乾いた状態を頻繁に行き来するようになっています。

 

クラッチ時に突進攻撃が多い

クラッチでネロミェールに張り付いた際は突進攻撃を多用してきます。

 

そのため、明確なクラッチチャンスや装衣使用中以外のお願いクラッチは拒否されやすいので注意しましょう。

 

水溜りが増えやすくなっている

這いずり行動などをはじめ、歴戦王になったことで水溜りが発生しやすくなっています。

 

基本的に水浸し前提で戦うと思っていたほうがよく、それにより各種雷攻撃の攻撃範囲も増加しているので、常に足元の状況に気を配るようにしましょう。

 

体力・攻撃力・攻撃頻度が上がっている

歴戦王になったことで体力と攻撃力が上がるのは当然として、攻撃頻度もかなり上がっています。

 

基本的にずっと攻撃し続けてくるので、攻撃最中や後隙にこちらの技を差し込んでいく必要があります。

 

初期位置がエリア4、寝床がエリア8中央に

初期位置がエリア4からスタートするようになり、寝床がエリア8の中央に変わっています。

 

初期位置の時点で帯電し足元に水溜りが多少あるので、意識していないと見辛さと相まって被弾が多くなりがちです。

 

その他

その他にも、

  • 這いずり移動に尻餅が追加
  • 空中での連続攻撃が追加
  • 蛇行ブレスの始点にパターン追加で安置が減ったetc...

 

などがありますので、意識しておきましょう!

 

歴戦王ネロミェールを比較的楽に狩るには?

歴戦王ネロミェール

歴戦王ネロミェールはかなりの強敵ですが、まだ比較的に楽に狩れる手段やポイントをいくつか考えてきましたので参考にしてみてください。

 

気絶耐性3がオススメ

仕様のところで紹介した通り歴戦王ネロミェールの攻撃頻度は激しいため、気絶から乙るパターンが多くなりがちです。

 

水耐性などを積むのもありですが、まずは気絶耐性3を積んで秘薬を調合分まで持ち込むほうが生存率が上がると思うので、参考にしてみてください。

 

装衣は「耐水の装衣」がオススメ、次点は不動?

まず歴戦王ネロミェール攻略の基本として押さえておきたいのが、装衣のうち1つは「耐水の装衣」を使うことです。

 

耐水の装衣は水属性のダメージ軽減・水属性やられの無効化の他、ネロミェールの水溜りの波による行動制限も無効化してくれます。

 

もう1つ波の行動制限を無効化してくれるものに「不動の装衣」もありますが、前述の通り多段ヒットによる即死のリスクもある点には注意しましょう。

 

とりあえず、装衣のうち1つは「耐水の装衣」を持っていくのがオススメです。

 

ガンランスの砲撃を使う

比較的まだやりやすい立ち回りの1つが、ガンランスの竜杭を打ち込み溜め砲撃をメインに使っていく方法です。

 

数々のクラッチ拒否や固い肉質に付き合わされる歴戦王ネロミェールの仕様を、固定ダメージで無視していきます。

 

ガード性能5を積んでおけば回復をさぼらなければ守りも問題なく、砲術5で火力も出せます。

 

整備5パンパンゼミはいつもより難易度が高い

パンパンゼミ

既に紹介した仕様の通り装衣が一瞬で剥がされたり、即死のリスクが上がっているため、スラアクのパンパンゼミは今回そこまで安全で簡単ではありません。

 

翼に張り付いても雷攻撃で剥がされるので基本頭を狙うことになりますが、多段ブレス等を警戒しなければいけなく、キャンセルなどを活用して早めに離脱したりするちょっとした慣れが必要になります。

 

結局ド安定の徹甲ヘビィ

 で、まぁ…「結局こうなるんかい」というお話なわけですが(;'∀')w

 

一番安定なのは徹甲を主体にしたヘビィボウガンになります。徹甲ライトでも倒せますが、簡単さや安定を求めるならヘビィがオススメです。

 

激昂ラージャンヘビィを担ぎ、シールドや反動抑制パーツを付け、砲術5(猫の砲撃術も)、ガード性能5、装填拡張3などを積み、ソロでオトモにカカシを装備させ、拡散弾Lv3と徹甲榴弾Lv3を撃っていき、弾が無くなったら補給を繰り返せば簡単に勝てます。

 

貫通ヘビィ対策をモリモリにした結果、他の武器種は苦戦させられているものの結局徹甲ヘビィで簡単に倒される歴戦王ネロミェールちゃんでした(´;ω;`)

 

簡単に勝つだけなら、この項目が今のところの結論になります。

 

盾武器はガード性能5推奨

盾ガードが重要な武器全般の王ネロ攻略法として覚えておきたいのは、「ガード性能5」を積むのがオススメということですね!

 

多段ヒットやノックバック、削りも激しいのであると無しでは大違いになります!

 

一部を除き火属性武器が安定

武器種によって変わってくるところではありますが、基本的に水纏い時間が長めなのでムフェト一式などを使った火属性武器が火力面では良さそうです。

 

ハンマーやガンランス、ボウガンなどは別ですが、火力を出したい場合は火属性構成で戦ってみることをオススメします。

 

とはいえ、火力を重視しない構成でも問題ありません。

 

終わりに

モンスターハンターワールドアイスボーン

歴戦王ネロミェールは中々厄介なモンスターに仕上がっていますね(;'∀')

 

私も装衣とオトモ無しのソロチャアクでTAの真似事をしていますが、ゲームスピードに置いて行かれるうえ水溜りの運も絡むので、中々安定しません。タイムを早くしようとするとぶっぱお祈りが加速してしまい勝っても負けてもあまり面白くないというのが正直なところ…。この条件で15分は切れましたが、ある程度突き詰めたらお祈りブッパがどこまでハマるかがタイムに影響を及ぼしすぎるので、上手くなってる感が少なく「王ネロはもういいかな」とか思い始めました。チャアク使いの愚痴なのでちっちゃくしておきました(笑)

 

武器種毎にこんな感じの苦労がそれぞれに色々あるんだろうとは思いますが、なんとかチケットを集め終わるまでは心折れずに皆さん頑張りましょう!せっかくなので楽しもう(自戒を込めて)!

 

何か参考になれば幸いです!それでは~(/・ω・)/