モンハン攻略戦記

モンハンの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

モンハン攻略戦記

【MHWI】太刀の新アクション仕様詳細と所感

アイスボーン太刀
「モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)」では、各武器に新アクションが追加されます。今回は「太刀」の新アクションについて、現在判明している仕様の紹介とその所感を書いていきたいと思います。ぜひ読んでみてください!

 

■目次

アイスボーンで追加される太刀の新アクション詳細

www.youtube.com

それでは早速、MHWIで追加される「太刀」の新アクションやコンボルート等について紹介していきます。↑の映像や公式から出ている情報を元に書いていきます。

・肉質軟化!新たに判明したクラッチクローの戦略的要素

 

強化撃ち

強化撃ち

モンスターを怯ませる効果が高く、射程の短いスリンガー弾を発射。鬼刃斬りの後に強化撃ちが可能となっていて、怯んだところに鬼刃斬りを繰り出せる。

 

現在公開されている映像では、1段目の「鬼刃斬り」から「強化撃ち」に派生し、そこから2段目の「鬼刃斬り」を使っていました。2段目以降の「鬼刃斬り」から「強化撃ち」に派生できるかは今のところ不明となっています。

 

現在わかっているコンボルート

鬼刃斬りⅠ→強化撃ち→鬼刃斬りⅡ

 

特殊納刀

特殊納刀

攻撃から派生できる居合の構えを取る特殊な納刀動作。ここから新アクションの「居合抜刀斬り」か「居合抜刀鬼刃斬り」に派生が可能。

 

特殊納刀を行ってから次の技を発動させるまでのディレイ可能(遅らせられる)時間が、どのくらいあるかは今のところ不明ですが、映像の最序盤と終盤の「居合斬り」発動タイミングに差があることから、ある程度自分の意思で発動タイミングを遅らせることが可能だと思います。

 

「納刀」という文字が記載されていることから、ここからの居合斬りに「抜刀〇〇」系のスキルが乗るかどうかも気になるところですね( *´艸`)

 

現在わかっているコンボルート

・鬼刃斬りⅡ→特殊納刀
・鬼刃斬りⅢ→特殊納刀

映像では、「鬼刃斬り」からしか「特殊納刀」に移行していませんでしたが、公式の説明では「攻撃から派生できる」と記載されているので、おそらくほぼ全ての攻撃動作から派生できると考えられます。

 

居合抜刀斬り

居合抜刀斬り

命中すると錬気ゲージの自動上昇効果が得られる技。相手の攻撃に合わせてカウンターのように発動すると、「居合抜刀斬り」が終わるまで自身が敵の攻撃で怯まない他、錬気ゲージの自動上昇量が一定時間増加する効果が得られる。

 

カウンターとして使用した場合「怯まなくなる」とありますが、これが尻もちまでなら無効なのか、大剣のタックルのように吹っ飛びも無効かはまだわかりません。ダメージ軽減等の記載は無かったので、ダメージはまるまるくらう可能性もあります。もしかしたら大剣タックルのようにダメージ軽減があるかもしれませんが、少なくとも無敵ではなさそうなので残り体力には注意した方が良さそうです。

 

現在わかっているコンボルート

特殊納刀→居合抜刀斬り

必ず「特殊納刀」から繰り出すことになりそうですが、ここに「抜刀会心」等のスキルが乗るかは今のところまだわかりません。

 

居合抜刀鬼刃斬り

居合抜刀鬼刃斬り

錬気ゲージの色が1段階下がるかわりに高威力の技。モンスターの攻撃に合わせてカウンターとして繰り出すと、「居合抜刀鬼刃斬り」が終わるまで自身が怯まなくなる他、錬気ゲージの色段階を下げずに使用可能。

 

こちらも「居合抜刀斬り」と同様で、カウンターの際にどこまで怯まなくなるのか、ダメージ軽減等はあるのかなどはまだわかっていません。カウンター時は色の段階を下げないまま高威力な攻撃が可能とのことで、モンスターが怯めば映像のように「鬼刃突き」→「鬼刃兜割」などに繋げることでかなりの火力が出ると思われます。

 

現在わかっているコンボルート

特殊納刀→居合抜刀鬼刃斬り

「居合抜刀斬り」の項目と同様で、抜刀系のスキルが乗るかはまだわかっていません。

 

太刀の追加要素についての所感

太刀

「居合斬り」とはまた随分とイケメンアクションの追加が来ましたね( *´艸`)海外勢も大喜びなようです。

 

「見切り」の判定が緩くなったあたりから「太刀」の使用者は激増したと思われますが、アイスボーンでも強武器の座は安泰な予感がします。「太刀」の優遇はまだまだ終わらなそうですね。

 

「ゆうた渡り」等と揶揄される強武器に人が流れる現象も、MHWで「斬裂ライト→榴弾チャアク→抜刀カズヤ→見切り太刀」の次は「→居合太刀」となるかもしれません。仮に強くなくても見た目がカッコイイというだけで発売直後などは結構な数が流れ込んでくると思われます(笑)。こちらに関しては何も悪い事ではありませんが、見切り強化前や前作から太刀を使い続けてきたプレイヤーにとっては、あまりこころよく感じないのが正直なところかもしれません(´・ω・`)

・『ゆうた』って何?意味や経緯を解説

 

しかし、「見切り斬り」があれだけ強力な上に既に立ち回りが完成されている「太刀」で、今更「居合斬り」を使うのが最適解になる場面があるかと聞かれると少し疑問です。カウンター時のダメージのくらい方や判定のシビアさ次第ではありますが、無理に「居合カウンター」狙うより「見切り」しとけばいいじゃんという場面が多いかもしれません。そして発売直後はマルチで無理にカウンターを狙って死んでいくプレイヤーに大量に遭遇することになるのもお約束でしょう。 

太刀

ただ、「見切り」が弱体化したり「居合斬り」の攻撃力等の性能が非常に優れていた場合は、ガンガン使っていく技になるかもしれません。

 

個人的にはどの武器が強くてもそれはシリーズ毎に代わるものなので気にしませんが、「太刀」だけ凝ったモーションを追加して、他の武器は適当なんてことにならなければいいなぁとは思っています。とりあえず「大剣」使いはキレて良いと思います。

 

あとはまぁ、ランスより強力なカウンター技があったり、双剣より敵の攻撃かわしやすい技があったりは、実質コンセプトや武器間バランスの崩壊に繋がっているので、他武器の強みはもっと強化してあげた方がいいんじゃないかなと思います。このあたりは続報待ちですがね('ω')ノ

 

とはいえ、対人ゲームでも無いので他武器とのギスギスを抜きにして考えれば相当面白い新モーションになっていると思います!やっぱりカッコイイっていうのはそれだけで最高ですね( *´艸`)