モンハンワールド攻略戦記|MHWブログ

MHシリーズや他ゲームの世界を楽しみ尽くす「情報・攻略・日記」などをお届け!

本田翼さんのゲーム実況の様子、面白発言など紹介【第2回】

ネコ

10月7日に、大盛況を誇る本田翼さんのゲーム実況【ほんだのばいく】の第2回目が行われました。今回はその時の様子と本田さんの面白発言の数々を紹介していこうと思います。本田翼さんの発言部分は緑色で記載していきます。

 

■目次

こちらの記事もどうぞ

・本田翼さんのゲーム実況感想!「モンハン」が扱われる可能性も?

・ついに1000万本突破!モンスターハンターワールドが偉業達成の所感

・モンスターハンターワールドのレビュー・評価・感想

・最強を目指して!ランスの正しい使い方を紹介!【スキル:ランス講座】

第2回ゲーム実況配信の様子&面白発言

10月7日にこっそりと、第2回本田翼のゲーム実況が配信されました。本人のインスタ等で特にこれといった告知がなかったので、サプライズ配信でしたね(;・∀・)

 

動画冒頭で本田翼さん本人も、

 

「今回はこっそり配信しますね!」

 

とおっしゃっていました。

↑参考画像:欅坂って言ってるのはネタですが、女優・モデルさんをしておられます。 

 

「配信前に仕事ですっごいダンスしてきました!まさかのダンスデビューですよ。しーえm、あ!CMって言っちゃった!ごめんなさいいいい」

 

といった生放送ならではの放送事故もしっかりかましてくれていました。CMの公開が楽しみですね(;^ω^)

 

第2回の放送で扱ったゲームは「オーバークック2」 という作品です。

 

☆公式サイト

Overcooked® 2 - オーバークック2

 

相変わらず動画内で丁寧に解説されているのでざっっっくり説明しますと、料理を作って世界を救うゲームです。料理を作る過程がゲーム形式で、計画力や対応力の瞬発力が必要な頭を使うゲームです。多人数プレイにも対応しているほんわかゲームとなっております。

 

まずゲームをスタートすると早速チュートリアルをプレイしながら説明してくれることに。

 

 

「ちゅ~ちゅ~が」

 

「こっちのちゅ~ちゅ~ね」

 

 

と、「DbD(1回目のゲーム)」のケチャップペチャンコのような独特の言い回しを使いながら、ゲーム内容を説明してくれます。ちゅ~ちゅ~はネズミのことです。

 

1人で2キャラを操り「へい!ぱす!」とトマトを投げつけながら、

 

 

「本来皆でワイワイやるゲームなので、正しい遊び方とは言えませんね!」

 

「ちょちょちょ、ちょっとま、ま、まま、ちがちが、まま」

 

「こうしてでの?投げるでの!お皿を出すでの!」

 

「『食材投げていいの!?』とかそういうツッコミは今回は無しで!」

 

 

と言った具合にチュートリアルは進みます。

 

ほんわかした見た目の割に考えることが多いゲームなので、かなりのマシンガントークとなっていました。本人は伝わったか不安だったようですが、十分わかりやすかったと思います。この時点で視聴者は8万人を超えていました。(サプライズ配信なのに)

 

本来2人で遊んだほうが面白いゲームと言うことで、

 

「お兄ちゃんを呼ぼうかと思ったけど…と言いつつ聞いてすらいないんですけど」

 

という事で、お兄ちゃんかわいそす(´・ω・`)

 

「連携が大事なゲームなので、友達とやると最悪ギスギスして喧嘩したりします(経験談)」

 

だそうで(笑)

 

仮に、適当なおしゃべりソロプレイしているだけだったとしても視聴者が大量に付く有名人でありながら、「ゲーマー本田翼」は説明もそこそこに速攻でオンラインに乗り込みます。「スタッフなどの身内でもない野良パーティーで有名人が生放送」なんて、かなり恐ろしい事なんですが(しかも若い女性)、ゲーム慣れしすぎている翼さんはゴリゴリやっていきます(;^ω^)見ているこっちが変な奴が湧かないか不安になります。

 

 

ただこの「オーバークック2」というゲーム、第1回目の「DbD」とは違い本田翼さん自身もそこまでやり慣れていないようで、ここから事件が結構起こります(笑)

 

1戦目

オーバークック

早速「皆で協力してやろー」とオンラインに突撃します。

 

しかし、さっきまでのチュートリアルと違い、大幅に難易度が上がったステージに翼さんも困惑!イカダを操作して的確に連携をする必要があるステージだったため、グダグダに(;^ω^)w

 

 

結果ホストに退出させられるという悲劇!!

 

しかし、よくよく見ると翼さん単発でキックされたというよりは、ホスト自身が退出(回線切断)したようです。翼さんではない青キャラのホストもよくわかっていないような動きだったため、おそらく部屋自体の解散でしょう。ゲーム慣れしていない人は意味が分からない文章なので、ここは真面目に読まなくても大丈夫です(笑)

 

「今のはちょっと見なかったことにしてもらえれば幸いです、、。」

 

ということで2戦目へ。

 

2戦目 

「つぎやっていきますよー」

 

と2戦目。ここで自分は「あれ、バッサー(本田翼さんの愛称)間違えてね?」と気づきましたが、、。

 

ロビーに人もそろって、ゲームスタートとなったところで本田翼さんが違和感に気づき始めます。 

 

開始数十秒でのところで、

 

「ちが!これチーム戦やん!!え?チーム戦なの??、、 あ?あぇ?これチーム戦なの!?うっっそだろ!…やだ、やだ!そういうこと!?ごめん×4、ほんとごめん、ごめん×4、…切るから切るから、ごめん×n、ホント使えない子でごめん、ごめん×n」

 

ずっと早口で大混乱です。

 

 「I see!皿は湧いてくるのね、OKわかった…I see やっとわかった!…ごめんてごめんて!…ごごごごご、つ、つぎつぎトマトだわ、、パスYES!おkおkおk、ふぅおら(野太い声)、キャッチしてくれた!」

 

基本的にいい人なのに、唐突に出る変な語録や野太い声やら周りに吐く毒がツボです。

 

結果は負けてしまいましたが、動画としては面白かったですw本人は相当テンパっていましたが。

 

3戦目

またまた対戦していくわけですが、緊張が解けたのかバッサーのトークが軽快になっていきます。

 

「うぃ(野太い声)!うーい(野太い声)!」

 

「おまえ(味方)~??(海に)落ちんな~?OK、そんな君も愛しましょ?(イケボ)」

 

「レッタッスなげま~SU☆あ、(海に)落ちま~す☆ほッ(野太い声)!!(もう一回)レッタッスなげま~す☆」

 

「HEY(野太い声)!HEYHEYHEY(野太い声)!」

 

「ほんとごめん、仲良くやろ?」

 

「はわわわわわ(可愛い声)」

 

「レタスペーン!☆」

 

文字だけ起こしてもわからないでしょうが(笑)結果は負けましたが実況としては非常に面白かったです。

 

本田翼さんは「オーバークック2」が面白いから皆に布教したくてこの配信を行っている旨もトークに出ていました。

 

4戦目

ここでも対戦をしていくわけですが、同じチームになったおばあちゃんキャラを操作する人によって中々面白い展開になります。

 

「おばあちゃん、具が無いんだよね、おばあちゃん。具を取ってきてもらっていいかなぁ、ねぇ婆や?」

 

的確な連携を求められる高難易度のステージを引いたうえ、味方のおばあちゃんキャラは完全に初心者の方のようで。

 

「切ったよ婆や、そっちいこ?ね、婆や?」

 

癒し系介護実況爆誕。

 

「私達まだ1つもできていないから、ね、これが私たちのペースだよね、ばーや(慈愛)」

 

本田翼さんの優しさを感じる戦いでした(笑)

 

5戦目

接続障害か何かではじまってすぐ切れてしまいました。これはマルチにはつきものです。

 

6戦目

時間によって出たり消えたりする階段があるので、難易度高めなステージだと思われます。ここでピザを作っていくことに。

 

「サンキューナン!サンキューナン!(ナンを受けとりながら)」

 

「私はペペドニ、、ペペロニを切ってだね(ペパロニを切りながら)」

 

「うぇーっい、しょっと(野太い声)」

 

「(完成した料理を落とした味方に)うーそうそうそうそ!あれ?あれあれ?あの人?」

 

「いいっていいて気にせんでいいって(上から)」

 

「(ナンを投げながら)ふん!ふぅん!!(野太くて変な声)」

 

「(操作ミスで料理を落とすバッサー)あー!!捨てちゃった!!ほんとごめんほんとごめんほんとごめんほんとごめん、ッアー!まじ信じらんないごめんなさい。やばい×10、もー、もーほんと誰も責められない×2、やばい×4、もーほんとに人を責めて生きた報いが今たぶんきてるわ、ほんとごめんなさい×2、自分のこと棚に上げてほんとにごめんなさい

 

ここはホントに笑いました。

 

なんやかんや結果は初勝利!大喜びです!

 

「完成したピザ落っことしたのはホント皆黙っといてください。あれはほんとギルティ(有罪)でしたわ、、。」

 

7戦目

この回は色々とカオスです。対戦ながら相手の人数が足りていない&バッサーの味方が完全な初心者というカオス回です。

 

ご飯を焦がし、火事が起き、火が広がり、敵の人が消化してくれ、敵と味方皆で協力して1品だけ完成させるというほのぼの回でした。ほのぼの回とはいえ笑えるポイントは随所にありました。

 

Dead by Daylight編

第1回目も扱った脱出ゲーム、「DbD」を放送の途中からやっていくことになります。

 

このゲームは脱出側4人と1人の鬼で行う脱出ゲームです。MAPに存在する発電機5台を修理すると脱出者は逃げ出すことができ、鬼はそれを阻止します。鬼も逃げる側も全員がプレイヤーで、バッサーは逃げる側しかやりません。鬼は非常に強力な能力を持っているので、逃げ切るのは簡単ではありません。

 

説明しながらゲームが開始され、発電機を治していると唐突にキラーが至近距離に出現!!!

 

 

「うぉぉぉああおおおおおお!!ごめんなさいごめんなさい!う”ぞや”ろ”お”おおおお!!(今日1の野太い声)」

 

本田翼さんの顔からは想像できないような、凄い野太い声が出ていました(笑)でも飾らないところがいいですよね。

 

 

スキルチェックをミスりながら、

 

「ちょちょちょ、ほほほ下手、下手下手、ほんとごめんなさい、下手下手(自分に)」

 

解説しながら

 

「左下にケチャップ出てる人いるでしょー?(血です)」

 

 と、いつもの調子でプレイしていきます。

 

 味方プレイヤーにとてもいい人がいたので、第1戦目は奇跡的に脱出を成功させることが出来ました。自己犠牲も厭わず助けてくれた味方に本田さんも大変感動していましたが、リザルト画面が終わると「ハイつぎいこー!(あっさり)」と素晴らしい切り替えでした。

 

 2戦目は、キラー(鬼)に追われている味方が近づいてくると、

 

 

「おい、(キラーを)絶対連れてくんなよ?おい、絶対連れてくんなよ?(ドスのきいた声)」

 

と味方に毒を吐きつつもフラグをしっかり回収し、追っかけられることに。

 

 

「ついてきてくれるのは嬉しいんだけど、鬼は連れてこないで、望んでぬゎ~い☆」

 

イケボながら最後はジャンポケ斎藤のうざぁーい風な喋り方になってました。

 

「んなぁー!!居たぁー!!(変な声)んなっはー、びっくりするー(変なリズム)…あわわわわ」

 

とにかく楽しそうです(笑)

 

「はーいー☆地雷ぃー☆(自分に対して)」

 

 ゲーム慣れしてない人にどこまで伝わるのか(笑)

 

地下に囚われた味方を救出し、無事に全員脱出しました。

 

 

3戦目の面白発言はこちら。

 

味方に置き去りにされたとき

「き・て・んじゃん!お”ま”え”先逃げたなぁぁああ!」

 

捕まった時

「たまには1人でフックに釣られて考えたいこともあるよね」

 

助けてくれた味方に対して

「ほんとごめん、ありがと。感謝してる、LOVEいわ(?)」

 

今回はこの3戦で終了でしたが、相変わらず全て脱出成功という結果になりました。

 

配信翌日は雑誌の撮影と言うことで、あまり遅くならない時間で配信はお開きとなりました。

  

感想

2回目も大いに楽しませていただきました。第1回目の時も書きましたが、媚を売るわけでもなく、変な声出したり、毒吐いたりといった飾り気の無い本田翼さんを楽しめるのが最高のポイントです。

 

当然ガチゲーマーならではの安定感のあるプレイも魅力の1つです。いくらカワイイ女の子がプレイしていたとしても、ボタン配置もよくわかっていないプレイヤーのプレイを見せられるのはだいぶストレスが溜まりますからね。

 

今回の「オーバークック2」は、やり慣れてはいませんでしたが特別大きな事故にもならず、「DbD」は安定の全脱出成功という見事な結果になりました。

 

次の配信が待ち遠しいですが、海外にいったりと何かと忙しいようなので、少し間が空くかなーと思います。

 

これだけの視聴者数を記録しながらも、本田翼さん自身には1円も入らないらしいので、事務所はボーナスかなんかを沢山あげてください。可愛そうです。

 

そんなこんなで、また次回を楽しみに待ちたいと思います。

 

公式リンク

★公式チャンネル

ほんだのばいく - YouTube

 

★公式ダイジェスト

第2回目は、まだ投稿されていないため、投稿されましたらリンクを貼っておきます。